ダイエット・健康食品の恐いウソ

 ダイエット・健康をうたっている食品がどんなもので、効果・効能はいかなるメカニズムなのか。効果なく、むしろ有害なものが多く、 「おもいっきり」、「あるある」、「スパスパ」などを批判なく受け入れることの危険性を指摘しています。

真に受けてはいけない―氾濫する健康・ダイエット商品の恐いウソ
真に受けてはいけない―氾濫する健康・ダイエット商品の恐いウソ
洋泉社
情報は有用だが、孫引きが多すぎる

最近流行りの健康成分について、言われている効果がとても怪しいことを、資料を元に説明するムックです。全95ページでかなり薄いですが、怪しい理由についてはいちおう書かれています。特に中にある「健康情報の信頼性を評価するためのフローチャート」は今後新しい成分が話題になったときにも役に立つことでしょう。

問題は、この本の取材がとても浅いこと。

16の成分説明のうち約1/3がブルーバックス「食べ物情報のウソ・ホント」からの孫引きで作られている上に、浄水器に関する2つの記事は両方ともホームページ「水商売ウォッチング」の再構成としか言えない内容です。よく調べてみると、くだんのフローチャートも坪野良孝著「食べ物とがん予防」にあるそれの再掲です。

これら書籍類を全くもっていない人なら、とっかかりとして読む価値はあるでしょう。そうでなければ、個々の書籍類の方をお勧めします。

posted by DietMaster
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。